ブーログ › 豊田地区倫理法人会のブログ › 今週の倫理 › 695 経営者の集いで得る人のむすびの妙
→2014年9月より、Facebookで情報発信していくことになりました。新しい情報は、Facebookへ。
2010年12月22日

695 経営者の集いで得る人のむすびの妙

倫理法人会では、倫理の実践により事業が良くなった体験を語る「経営者の集い」を開催しています。事業体験は、それが異業種であっても、普遍的な生活法則をベースとした貴重な生きた学びです。 
ある倫理法人会の「経営者の集い」に、25社35名が集まりました。そこで思いもかけない出会いがあったのです。
お世話役の役員の皆さんは、開催前日まで奔走し、PRに汗を流しました。チラシも作成し、「宣伝の倫理」の実践とばかりに、開催会場周辺の会社に配って回りました。チラシを配った地域に、地元の有力企業のI株式会社がありました。だめで元々という思いでチラシを持っていったのですが、I社長はチラシを見て非常に興味を持ってくれました。そして「経営者の集い」の当日には、社長自身が参加してくれたのです。
I社長は、事業体験を発表するS氏を見るなり、「おー」と声を上げて駆け寄りました。なんとS氏とは、かつて同じ職場で働いた旧知の仲だったのです。25年ぶりの再会でした。S氏は失敗から成功へと駆け上がった苦労人で、現在は倫理を基盤に社会貢献に励む社長として地域では有名です。一方、I社長は有力企業の社長として事業を展開していました。別々の道を歩んだ二人の再開は、まさにドラマのようでした。そしてそれは、一枚のチラシから始まったのです。
この種のドラマは面白いもので、どうやら連鎖反応を起こすようです。
I社長と同じく初めて「経営者の集い」に参加したM社長は、懇親会の席で事務局員のTさんと話をしていました。二人とも初対面のはずですが、妙に話が合います。聞けば家族は前から知り合いだったことがわかりました。急に心理的な距離が近くなり、M社長はいてもたってもいられなくなって、その日のうちに入会を希望したのです。Tさんがよくよく聞くと、〈自分は仕事の都合で経営者モーニングセミナーには出席できないから、入会できないと思っていた〉とのこと。その疑問もTさんの説明ですぐに解消しました。両社長にとって、出会いと縁の深さを感じた初めての「経営者の集い」となったのです。
 倫理運動の創始者・丸山敏雄は、このような「縁」について次のように述べています。
さて空中には何もないようだが、親子・夫婦・兄弟・交友・その他の間には無形の紐帯にむすび合わされて社会がつくられているように、心の関係においても十重二十重に、ちょうど電線を引きまわしたように―いや無電の発信機と受信機のように、打てば響くの関係にあって、これは、動植物・機械・器物・その他一切の物・現象に及ぶ。これは空中にある電気の作用を想像すれば、大凡の関係が想像出来る。これを「えにし」(縁)と言う。地縁・血縁という言葉があるが、おもしろい。
(『実験倫理学大系』P82)
人の心とは、磁石のようなものかもしれません。時間や空間を超え、必要な人が必要な時に必要な場へと引き寄せられるのです。縁によって得たつながりは、その後の人生を大きく左右します。誰と出会い、どのような影響を受け、またどのような影響を与えたかによって、自身の社会性が動き出すのです。
どのような出会いが未来に待っているか。それは己自身の心と働きにかかっています。


同じカテゴリー(今週の倫理)の記事
 純粋倫理に惚れ込もう (2010-11-14 15:16)
 今週の倫理 688号 (2010-11-04 10:49)
 今週の倫理 681号 (2010-09-24 08:15)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。